スポンサーリンク

北大生が総合理系を語る!北大受験を考える保護者、生徒へ

北大受験

みなさんこんにちは。

今日は北大の総合理系について、北大現役生の総合理系の一人としての意見を書いていこうと思います。

北大 移行点 2019

まず、北大の今年の移行点についてはこちらの記事をお読みください!

【本題】北大の総合理系制度とは?

『北海道大学では平成23年度から「総合入試」を導入しています。「総合入試」では、まず文系または理系の総合入試枠で受験し、本人の希望と1 年次の成績によって学部に移行できるシステムです。入学後の1年間は、全員が「総合教育部」に所属し、幅広く教養科目や基礎科目を学びます。
 これまでの、受験時に学部を選択する入試方法では、夢と希望に胸をふくらませて入学したものの、入学後に入った学部での学修と自分の希望との違いに悩ん だり、後悔したりする学生も少なくありませんでした。このような学部選択のミスマッチを解消し、入学後に納得して自分の専門や所属する学部・学科を決めて いただくために、この制度を導入しています。
 1年次に所属する総合教育部では、充実した全学教育科目(教養科目と基礎科目)を文系と理系それぞれのカリキュラムのもとに、集中して学べます。高校で履修していない科目があっても、この期間にしっかりと学ぶことにより、移行後に学部専門科目を自信をもって学修することができるのです。
 また、学問の先端分野では異なる学部で同じようなことが学べたり、同じ学部でも学科やコースによって全く違う内容が学べることがあります。1年次に学問の世界の現状を知ることができるため、自分の夢をかなえる将来の選択肢を広げることができます。 
 このように、総合入試では、入学後に進学する学部をじっくり考えてから学部に移行することができます。』

(北大ホームページより抜粋 総合入試 | 入試情報 | 入学案内 – 北海道大学

実際に総合理系を経験して

実際に1年間総合理系生を経験してまず思うのは、学部が決まっていない人で本当に自分の将来に妥協したくない人にはとてもおすすめの制度、大学だということです。しかし、将来について、まあとりあえず北大に入っておけば就職に困らないかな、なんて思って入学するのであればほかの大学をお勧めします。 それは、目標がなかったり、周りに流されやすい人だと総合理系という制度は裏目に出ることがあるからです。

というのも、受験時代と違い、周りの友達は結構遊んでいるので、流されて自分もさぼりがちになる可能性がとても高いです。サークルが楽しかったりすると余計に勉強がおろそかになるかもしれません。また一人暮らしが始まると家でだらけてしまったり、バイトもしたりと、受験時代と比べると勉強をする環境は驚くほど整っていません。

そんな中でもきちんと勉強ができるのは、将来に妥協したくないから、周りになんて流されないでいい成績をとっていきたい学部に移行するんだ!とか、そういう気持ちを持てる人です。

実際にスノボに行くから授業を休む、とか、寒いから1限の授業は休もうとか、テスト勉強やり忘れたからこの授業は切ろう、といった友達が結構います。

入学した当初は多くの人が目標を持っていて、前期中間テストの平均点は結構高いのですが、そこから大学生活に慣れ始め、友達もできてくるとみんな勉強をしなくなるのが現実です(笑)

だから生半可な気持ちで北大の総合入試を受けようと思っている人は、一度考え直して、勉強できるか不安だったら一つ大学のランクを下げたとしても、行きたい学部に行ける大学を受験するというのも一つの手だと思います。

総合理系のメリット

少し否定的な意見を言ってしまいましたが、総合入試制度は扱い方によっては、遊ぶ習慣が身についてしまうような大学生にならずに、勉強の習慣を身に着けた大学生になれるし、周囲の人よりも1年間も長く、将来についての可能性を広げておけるという、とてつもなく大きなメリットがあります。

受験生時代に愛用していた勉強アプリ

ここで僕が受験生時代に愛用していたアプリをご紹介します!

これが僕を合格させてくれたと言っても過言ではないくらいのアプリなのですが、このアプリ、自分の勉強時間をアルバイトのように時給換算してくれるアプリです!

これ使うとめっちゃモチベーション上がるので、今使っている記録用のアプリがある方でも、併用して使ってみてください!

 総合理系のデメリット

これは何といっても、周りの大学生は1年生ですでに専門分野を学び始めるので、1年間の、専門分野での差を付けられるという点です。なので絶対にこの学部に行くんだと決まっている人で、北大の研究室に特段の憧れがあるわけでなかったら、考え直してみてください。それでも、北大は自然が豊かで、広いし、とても気持ちの良いキャンパスがあり、北大で学ぶことは大きな財産となるでしょう!

GPAとは?北大GPA

ここで、基本的な話ですが、GPAについての説明をざっくりしておきましょう。

GPAとはGrade Point Averageの略で、成績を数字化したものです。北大に限って話をすると、まず北大の成績評価は11段階評価で、A⁺、A、A⁻、B⁺、B、B⁻、C⁺、C、D、D⁻、Fで評価されます。

そしてA⁺=4.3、A=4.0、A⁻=3.7、B⁺=3.3、B=3.0、B⁻=2.7、C⁺=2.3、C=2.0、D=0、D⁻=0、F=0

と点数化され、これを各授業すべて足し合わせ、授業数で割ったものがGPAとして取り扱われます。

私の体験談(総合理系2019)

私は行きたい学部が決まらずに北大を受験し、1年間いろいろ考え、最終的にやりたいことを見つけ、その学部に移行することができました。私のGPAは4.0でしたので、学部の選択肢は多い方だったと思います。周りに流されずに毎日コツコツ勉強できたかなと自分で思います。

こんな感じで今回は終わらせていただきますが、受験生の皆さん、自分の夢にどうやったら近づけるかを常に考え、受験に臨んでください!

今進路に迷っていたり、もっとこんなことが聞きたい!というのがあれば、生徒の方でも保護者の方でも、気軽にコメントください!

コメント

  1. 木暮健人 より:

    こんにちは!今高校三年生で、学部決めに悩んでます。悩んでるのは薬学部、農学部どちらにしようかです。
    現段階では決められず、大学に入ってから決められる北大を受験しようと思うのですが、薬学部は移行点が少し高くて、もし薬学部行こうとしたときに行けなかった時が心配です。
    日々どれぐらい勉強したらどれぐらいの移行点が取れるかの目安を教えてください!
    それと、農学部と薬学部はやっぱり薬学部の方が将来安心ですか?農学に興味はあるけれど、農学部にいくと将来が危うそうで心配です。まぁただの先入観なんですけどね笑笑。

    返信してくださったら幸いです。どうかお願いします!

    • ins-351 より:

      分かります。自分はもともと農学部志望で、学部移行で移行できなかった時がとても心配でした。迷っている時にいろいろ調べて、自分は農学部よりも工学部のほうが向いているのではないかと考えるようになりました。なので1年間考えられる期間が延びるという環境は僕はとても大きいと思います。話がそれたので戻しますね。
      日々の勉強ですが、数学など授業についていかなければならない科目は、合わせて1日平均1時間程度だったような気がします。その他にレポートが出る授業や、課題が出る授業の提出物はしっかりこなし、テスト前などは例外ですが1日平均で2時間ほどだったと思います。そして僕の移行点は3.6でした。
      農学部と薬学部の将来については詳しくないのでわかりかねます。すみません!勉強頑張ってくださいね!

      • 木暮健人 より:

        リプライありがとうございました!まだどっちの学部にいくか悩んでる最中ですけど、やっぱり北海道大学受けることにしました!
        貴重なコメント本当にありがとうございした!

  2. ももこ より:

    初めまして!北海道大学に憧れてる高3女子です。獣医学部を目指していたのですがやりたいことが獣医ではない気がして、農学部に視野を広げ進路を考えています。北海道という場所に憧れているので、北大の農学部に行きたいのですが、浪人はできないので、後期の学部入試は危険である可能性があり、また難易度も高いことから総合理系入試を検討しているのですが、お話にあったように1日1時間くらい勉強をしてそれを続ければ問題ない、のような感じでしたが、サークルやバイトと両立しながら人気の農学部には入れるのでしょうか。また、授業は自分で好きなものを選択して受けるというような形なのでしょうか。
    お返事頂けたら嬉しいです(^^)

    • ins-351 より:

      ももこさん。返信が遅れて本当にごめんなさい。留学に行っていました。。
      まず質問の一つ目「両立」に関してですが、サークルとバイトの量によります。毎日活動を行っているようなサークルだったり、シフトが多いバイトだったりすると、疲れて勉強がおろそかになってしまう…なんてこともあるかと思います。ですが、ちゃんと自分に厳しくいられて、疲れていても勉強を妥協しない生活ができるようでしたら、どんなサークルに入っても、どんなバイトをしていても、農学部への移行は可能だと思います!
      二つ目の質問「授業に関して」ですが、大まかにいうと、前期と後期それぞれで必修と呼ばれる「数学」や「英語」などの授業が10コマ、自分で選べる授業が約4コマほどとなっています。選ぶといってもその中でもこのジャンルから一つ、このジャンルから一つ、というように、わりと制限がある感じです!

      今回の回答は以上ですが、分かりづらいところ、他にも聞きたいことがあればまた質問してください!返信が遅くなって本当にすみませんでした。

  3. びっくりドンキー より:

    北大志望の高校二年生です。自分は工学部と理学部かで迷っているのですが、総合理系からそれぞれの学部への移行の難易度はどのような感じなのでしょうか?理学部や工学部が難しい部類に入るのだとしたら、学部別のAO入試なども視野に入れたいので、それぞれの学部のGPAの目安などを教えて下さい!!

    • ins-351 より:

      コメントありがとうございます。
      平均GPAについてですが、平均GPAについての記事を書いてありますので、そちらをご覧いただければなと思います!
      https://hokkaido-presents.com/ikouten/
      2年生から、意識があってとてもすごいことだと思います!頑張ってください!

  4. みー より:

    北大を志望している者です!
    今北大に通っている人に移行点のことなどを色々聞いてみたところ、もちろん努力も必要ではあるが、正直言って先生の当たりなどの運的な要素も大きいと教えてもらいました…
    今入りたいと思っている学部の移行点が高めであるだけに心配です。
    実際に、運で入れる入れないが決まってしまう面もあるのでしょうか…?
    拙い文章ですみません。回答頂けたら幸いです。

    • ins-351 より:

      みーさん
      コメントありがとうございます。運によって移行点が左右されるのかということについてですが、1年生は学部に分かれないため、理系だけでもとても人数が多く、この莫大な数の生徒の成績を偏りなくつけることは現状として難しい事と思います。実際にみーさんが聞いた話のように、先生によって評定がとりやすい、とりにくいがあることは事実です。
      しかししっかりと実力をつけてテストで点が取れれば、結果はついてくると思います。
      実際自分は化学の先生が前後期とも、「いい成績がとりづらい」先生でしたが、その分化学を日頃から復習したりして、ちゃんといい評定をもらうことができました。
      また、北大は成績分布というものを公開しており、どの先生が去年やそれまでに、どのような成績を付けてきたかが見れるようになっています。
      大学では自分でとる授業を選択することもあるので、このシステムを利用して授業を選ぶことも有用です。

      今回の回答はここまでですが、まだ何か不明なところがあれば、お気軽に質問してください!
      受験勉強、頑張ってください!

タイトルとURLをコピーしました